☆家計簿の挫折を乗り越えてしっかりお金の管理をしよう!☆

自分に合う家計簿を見つけました。それからずっと、頑張って続けるにあたってのもう1つの問題。「合わなくなったら嫌になる」これに関しては母の助言で「1円の位は、合わなくても良い事にしたら?あなたは完璧じゃないなら、やらない方がまし!と言う考えが大きいけれど、1円の位は許してあげる事にしなさいよ」と。そして、私は10円の位まで許さないと続かないじゃない!と言うミスに何度も出くわし99円までのズレは、無かった事にすると言う寛容すぎる家計簿となりました(笑そうして何年も続ける事の出来なかった「家計簿」をここ1年欠かさず、たまに少々ズレながらも書き続ける事が出来ています。次にやらないといけないのが「見直し」です。書くだけでは、お金の流れが見えない。振り返る事で、どれが良いお買い物であったとかどれが無駄に使ってしまったとか見えて来るのです。これが習慣になると無駄を省き、貯金に、、と言う風に管理をする事が出来てくる。家計簿に挫折しているみなさん、まずは「自分専用家計簿」を作ってみてはいかがでしょう。そこには愛着もあり、自分だけの項目を作り書き込む事で市販のものよりもかなり使いやすいはず。子供の頃「おこづかい帳」をつけていた人はお金の管理が上手なのだと、噂で聞いた事があったけれど大人になってからの「おこづかい帳」は少々レベルアップをして「家計簿」となりついつい使っているお金の流れまでも知る事が出来、無駄を省けるようになって来ます。見た目重視の家計簿でも、そうじゃないモノでもしっかり続ける事が何よりも大事。今まで続ける事が出来なかったあなたも「ステキ」な家計簿さえ見つける事が出来、「どうして家計簿をつけるのか」と言う目的をしっかり持っていれば、きっと続ける事が出来る。お金の流れを知って、無駄を省く。こんなにシンプルな方法で少しでも節約や、貯金が出来たのならばあなたは、あなたの人生にちょっぴり自信がつくのではないでしょうか☆

税理士 埼玉

エコキュート 岐阜

リフォーム 川西

リンク